IoT時代のコミュニケーション力とは

IoT時代がくる____

様々な産業が「水平分業型」になる時代。

”器用に柔軟に、仕事を横断的に操れる「多動力」ワーカーたれ”

ホリエモン氏は、著書の中でおっしゃっています。 


「会議も電話も無駄。全てチャットで!」


働き方のスタイルが変わりつつあり、

リモートワーク」を導入する企業も増えてきました。


私は数年前より湘南に移り住み、

現在は拠点をさらに地方へと移して”リモートワーク”という働き方を実践してきました。


流行りのチャット&リモートワーク。

「好きな場所で好きに仕事ができる!」というメリットがある一方、

コミュニケーション力」の必要性を痛感せざるを得ません。


チャットは「短い文面で伝える」のが主流。

よって、言葉の裏側の感情や状況までは伝わりにくく

効果的な言葉の使い方が求められます。


話下手、プレゼン下手、気遣いが苦手な人は

自ら意識しないとKYな人になりかねません。

デジタルはリアルより”冷たく”受け取られやすいものなのです。


言葉の「ニュアンス」___

”人と人同士のコミュニケーション”には、”曖昧さ”が多々あります。

同じ言葉でも、それぞれに感情がのっていることが多いもの。

簡潔なテキストでやりとりする時代にミスコミュニケーションを防ぐのは最低条件。

人を動かすためには、”想像力”が常に求められます。


リモートチャットでお仕事をする際、意識しておきたいポイントを以下に挙げてみました。


・プロジェクトに関わる前には人間関係を事前に把握しておく(チーム)

・関係者との事前交流は”リアル”で行っておく方がベター

・タスクはこまめに自己管理する

・タスクごとの報告、連絡をこまめにする

・早め早めに反応し、二度手間を避ける

・オフライン時はメンバー全員にオープンに伝える

・できないこと、不在時間を曖昧にしない(断るときは断る)

・感情的になって送信しない(基本)

・言葉の遣い方に気を使う(基本)

・空気を読む(タイミング)

・顔や声など表情の見えるSkypeやオフラインmtgもうまく組み合わせる



好きな時に好きな場所で仕事をする時代、

伝える、伝わる手段は「効果的な言葉」です。


これからの時代の働き方に最も求められることは、

”言語力”&想像力”。

伝え方1つで、結果も大きく変わるのです。


チームを横断するフリーランスは年齢、立場、性別に関係なく、

「プロ」かどうかが、とても大事な基準になってきます。

プロは次々とジョブホッピングして引く手あまたに。

そうでない人はどこからもオファーされなくなってしまう・・・。


自身が「プロ」だと認められるよう、

”結果に繋がるコミュニケーション力”を磨いておきたいものです。